Honda Title menu
シーズン開幕戦の裏側

< 特集一覧へ

シーズン開幕戦の裏側

F1は、先週のオーストリアGPで無事にシーズンが開幕。Hondaにとっては非常に悔しい結果となりましたが、レースの再開に喜びの声を聞くことができました。

今年3月にオーストラリアGPが中止になり、その後はモータースポーツ界だけでなく、世界中が困難に直面しました。そんな中で、開幕戦に備えてHondaがどのような対応をしてきたのか、Honda F1のマネージングディレクター(MD)、山本雅史が語ります。

シーズン開幕戦の裏側

「レースの中断期間中は、FIAとパワーユニット(PU)マニュファクチャラー各社の合意により、一切の活動を休止するシャットダウン期間が設けられました。そのため、Hondaのファクトリーでも一時期開発を停止しなければならなくなりました。当初予定していた開発スケジュールとは少しずれてしまいましたが、シャットダウン明けには、7月からのレース再開に向けて計画を立て直し、開発を進めました」

「我々の開発の中心はHRD Sakuraのファクトリーですが、シャットダウンによって開発スケジュールを変更せざるを得ませんでしたし、コロナ禍を受けたレギュレーション変更に伴いシーズン中のPUのアップデートが禁止されたため、オーストリアに投入する最初のスペックを年末まで使用しなければならなくなりました」

「そのため、当初はシーズン中に何度かPUのアップデートをする予定でしたが、計画を変更し、オーストリアGPまでにすべて開発しきる必要がありました」

シーズン中の信頼性向上のための変更は許可されているものの、PUの開発計画は変更され、ファクトリーの閉鎖が明けてからは再び集中して開発が行われることになりました。先週末のオーストリアが今季初の公式走行セッションとなり、開発の成果を確認することができました。山本MDはPUのパフォーマンスレベルには満足している一方で、ライバルチームの開発成果にも驚かされたと言います。

「プラクティスでは、ダイナモテストでの想定通りの結果が出て、ロングランでも好調でした。すべてが計画通りでしたが、メルセデスの進歩が目につき、特に予選でのパフォーマンス、そして我々とのタイム差には驚かされましたね」

シーズン開幕戦の裏側

迎えた決勝で、マックス・フェルスタッペンはトップ10ドライバーの中で唯一、ミディアムタイヤでスタート。トップを走行するバルテリ・ボッタス(メルセデス)と優勝争いが期待できる位置につけていましたが、11周目にまさかのスローダウン。その後、レース終盤で、アレクサンダー・アルボンが2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)にオーバーテイクを仕掛けるも、接触されてコースアウトを喫し、初優勝のチャンスを逃しました。

「2台とも電気系に問題があったので、配線やPU本体についても可能な限りすべてチェックしてきました。フェルスタッペンとアルボンに起こったアクシデントは、それぞれ別の問題であることが分かっており、次戦にはチームとともに対策を打って臨みます」

どちらのマシンにも勝利へのチャンスがあっただけに、結果は厳しいものでしたが、開幕戦からメルセデスに対してこれだけのレースが展開できたことは、Red Bull Racingとしては明るい材料です。

「予選では後れを取っていましたが、レースの展開を見る限り、決勝でのパフォーマンスではメルセデスに対抗できると思います。それはいいことですが、再度前回のようなトラブルに見舞われないようにしないといけません」

「アレックス(アルボン)もいい走りを見せてくれました。チームが戦略を変更して、終盤でソフトタイヤを選択してもすぐに対応し、とてもいいパフォーマンスを見せてくれました。ハミルトンを抜きかけていたところでの接触だったので、いい結果を逃したことは非常に悔しいです」

シーズン開幕戦の裏側

Red Bull Racingは優勝を目指していたレースでノーポイントに終わりましたが、Scuderia AlphaTauri Hondaはピエール・ガスリーが7位でフィニッシュ。6ポイントを獲得する好成績でした。

「セーフティカー中にピットインせず、1ストップを選択したのは、チームにとって非常に難しい決断だったと思います。しかし、ガスリーはリスタート後にハードタイヤをうまくコントロールしてくれました」

10週で8戦が行われるという過密日程の中で、連戦で行われるレッドブル・リンクでの2戦目に向けての準備に注目が集まっていますが、Hondaは長期的な視点で開発を進めており、2020年シーズンの目標が優勝であるということは揺らぎません。

「必要に応じて信頼性の改善に取り組みますが、パフォーマンス領域については変更できないので、今はほかのチームと同じく2021年のPU開発に集中していく。これからはそういう姿勢で臨みます」と山本MDは語ります。

「開幕戦を経て、もちろんいくつかの課題も見えてきました。特に予選でのパフォーマンスはレギュレーションの範囲内でなんとか改善しなければなりません。でも、レースではいいパフォーマンスを見ることができて、今シーズンもメルセデスに対抗できると思っていますし、それを継続していくことが目標です」

残念ながら、今年は鈴鹿サーキットでの日本GPが中止になり、日本のファンの前でレースをするはできませんが、山本MDは開幕戦のように、見応えのあるレースを続けていきたいと考えています。

シーズン開幕戦の裏側

「鈴鹿については、FIAや主催者による判断を支持します。ただ、今年はメルセデスとRed Bullのバトルを楽しんでもらえたはずですし、AlphaTauriも中団でいいポジションを取れると期待していただけに、非常に残念で悔しいです。ファンの皆さんの前でレースをお見せできないのは残念ですが、テレビなどでレースを観戦してもらい、皆さんから誇りに思ってもらえるチームになりたいと思います」