Honda Title menu

< 特集

2チーム体制を支える裏方

昨年までの4年間は、1チームへのPU(パワーユニット)供給だったため、Hondaとしては復帰以降初めての2チーム体制となります。これにより、これまで以上に輸送する機器やPUの基数が増え、物流の責任者であるグレアム・スミスの仕事も多くなりました。

開幕からの‘フライアウェイ’ラウンド4戦を終え、今週末のスペインGPから、ヨーロッパラウンドへと突入します。

開催地バルセロナのカタルニア・サーキットは、プレシーズンテストの舞台としてもおなじみ。ヨーロッパラウンドでは、各チームのファクトリーから陸路での移動が可能となるため、パドックにはモーターホームやトラックが並び、F1ならではの華やかな光景が広がります。このように、物流のこと情によって各グランプリで用意できるものは異なりますが、レース運営の面では、世界中のどこにいてもマシンのパーツは同じように準備できていなければなりません。4台体制となった今季、Honda F1はどのように取り組んでいるのでしょうか。

「どちらのチームからも独立した存在でいるようにしています。2チーム間でニュートラルな立場にいますし、移動も自分のクルマで、必要なときにはスタッフもつけるようにしています。チームと離れた存在になることで自由に動けるようになるからです」とグレアムは語ります。

「2チーム体制になったことで、かなり忙しくなりましたよ(笑) 運ぶ物の量も増えましたし、通関処理やレースに向けた書類、危険物の申請など、書類処理も多くなっています。ほかにもコントロールしなければならないことはたくさんあるのです」

今週末のレースへ向けても、グレアムはミルトンキーンズにあるHondaの拠点からPUや関連機材を積んだ多くのトラックをバルセロナへ送り出しました。その際にも、事前の計画時にはなかったアイテムを追加するなどしましたが、このようなことへの対応も彼の役割です。

「ここまではとてもスムーズにきています。2回のウインターテストと4戦を終えて、全く問題は起きていません。まるで1チーム体制かのように、スムーズです」

「すべては段取りのおかげです。事前に多くの段取りをしておく必要がありますが、PUのコンポーネントやエンジンその他について、ここまで大きな問題が起きていないことも助かっています」

「2チームになったことで、パーツは倍になります。そのため、機材、工具、パーツを2倍用意しました。2チームで少し共有できるものはありますが、それでもトータルの物量はほぼ2倍になっています」

「昨年の8月から9月には什器の注文を開始しました。予算を決めて動かねばならないのですし、フライト用のケースやパレット、ほかにも専門性の高いものについては用意に時間がかかるので早めに発注しておかなければならないのです」

10基のエンジンとERSを梱包し、さらに6つのフライトケースで工具箱や給湯機器、燃料解析用のリグなどを運びます。そして、日本から到着するスペアパーツをプラスティック製フライトケース4つに詰め、2つのコンテナに分けて飛行機へ積み込みます。コンテナ一つの重量は約4000㎏。レースを運営するのに大量の物資が必要となるのです。

量が増えたのは物資だけではありません。スタッフの人数も2倍近くになっています。

「両チームともにスタッフの構成は同じなので、それぞれ10人ほどのスタッフがおり、そこに、2人のトラックドライバーと私自身が加わります」

「昨年の中盤には新規のスタッフが加入していたので、彼らがサーキットへ来て実際の運用を視察していました。また、ヨーロッパで行われた2回のインシーズンテストもあったので、そこで実際に移動のオペレーションをして、現場でどのように動いているのかを見てもらうこともできました」

PUやその関連機器の運搬と同様に、Hondaスタッフの移動手配もグレアムの仕事です。スタッフごとに勤務シフトのパターンは異なりますが、食事やミーティングの際には全員がホスピタリティーへ集まってきます。

「チームの規模が大きくなったので、ホテルからの到着時間も各自異なります。今年は人数が増えたことで、各グランプリで2、3のホテルに分かれているので、それに対応するために手配する車の数も増えました。ただ、少人数のグループに分かれて乗車しますし、それぞれ何時に出発してどれくらいで到着するかを把握しているので、全員同時ということはなく、そこまでたいへんではありません」

「今回からモーターホームを設営して、そこで食事を提供しますが、これは少したいへんです(笑) 今年はやり方を変えて、各自の注文方式からビュッフェ形式にしましたが、みんな同時に食事をとるわけではないので、悪くない方法だと思います」

「それでも、ミーティングがあるときなどは満員状態になってしまうので、事前に人数を確認しています」

今季のカレンダーは、2週連続のフライアウェイレースがなく、連戦自体も6月後半のフランスGPとオーストリアGPまでないので、物流の面からは少し穏やかになりました。

このおかげで、レース間にPUとスペアを日本のHRD Sakuraへ送り返してメンテナンスすることが容易になり、ミルトンキーンズのファクトリーはスペインでの週末に集中することができます。

仕事量は増えましたが、両チームともに今年は競争力があり、関係もうまくいっているので、Hondaチームの雰囲気はとても明るいとグレアムは感じています。

「すべてが正しい方向に進んでいて、とてもいいことです。みんながポジティブだし、昨年とそれ以前で雰囲気は変わりましたね。Red Bullとは本当に働きやすいんです」

「彼らはすごく協力的で、我々物流スタッフにも親切です。同じミルトンキーンズを拠点にしていますが、レースウイーク中、彼らがヨーロッパのレースへ向かうバンに、Hondaのスタッフも気軽に乗せてくれます。こうした面からも関係の良好さが見えますよね」

サーキット外でRed Bullとの関係が順調に進む一方で、コース上では好成績が出始めています。グレアムは、開幕戦で2チーム体制の物流を取り仕切るのはたいへんだったものの、表彰台と言う結果により今季のHondaとチームへの期待が高まったと語ります。

「オーストラリアのレースはほぼ夕方の開催なので、撤収作業はたいへんでした。朝の3時から4時くらいに終わったんじゃなかったかな。2チーム体制で初めての本格的なフライアウェイだったので、新たな環境での自信もつきました」

「メルボルンでは表彰台という結果でしたが、あまり喜ばず、シャンパンも開けませんでした。勝ったときのために取っておきますよ」