Honda Title menu
角田裕毅選手がF1ヤングドライバーテストに参加

< 特集一覧へ

角田裕毅選手がF1ヤングドライバーテストに参加

Hondaのドライバー育成プログラム出身で、今シーズンFIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)の下位カテゴリーであるFIA Formula 2 Championship(F2)に参戦していた角田裕毅選手が、F1のヤングドライバーテストに、Scuderia AlphaTauri Honda(AlphaTauri)から参加することが決定しました。

主に若手ドライバーを対象に行われるヤングドライバーテストは、2020年のF1最終戦であるアブダビGP終了後の12月15日に、同地、ヤス・マリーナ・サーキットにて開催されます。角田選手は、Red Bullのドライバー育成プログラムであるレッドブル・ジュニアチームにも所属し、F2ルーキーイヤーとなる今季は3勝を挙げ、シリーズ3位でシーズンを終了しています。


角田裕毅選手

「今回、AlphaTauriのマシンでヤングドライバーテストに参加できることをとても楽しみにしています。11月のイモラ・サーキットでのテストでは、2018年型のF1マシンを使用しましたが、今回は他のチームと一緒に走る公式テストで2020年型マシンに乗ることになるので、本当に待ち遠しく感じています。また、このテストのために準備を整えてくれたAlphaTauriと、テストの機会を与えてくれたRed Bullのヘルムート・マルコ氏にはとても感謝しています。テストではチームの指示に従ってプログラムを消化し、エンジニアに的確なフィードバックを返すことにフォーカスしていきます。もちろん、今回のセッションの中で学べることをすべて吸収し、確実に自身の成長につなげたいとも考えています」


フランツ・トスト

Scuderia AlphaTauri Honda チーム代表

「先日のイモラでのテストで、角田選手は非常に早くマシンについて習熟を深め、ラップごとにコンスタントに成長していく姿を見せてくれました。そのことが、今回我々がヤングドライバーテストに彼を乗せる決め手になっています。今回のテストでも、彼が一日を通して成長を見せてくれると思っています。また、2020年型のマシンであるAT01をドライブするので、彼のフィードバックがチームにとっても有益なものになるだろうと期待しています。Red Bullのドライバープログラムが今回のようにいいドライバーを輩出できていることは素晴らしいことですし、彼は今回のテストでもその才能を見せてくれると思っています」

〈ご参考〉
角田裕毅 (ツノダ ユウキ) プロフィール
2000年5月11日生まれ
神奈川県相模原市

■レーシングキャリア概要
2016年 鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)卒業
2017年 JAF-F4 東日本シリーズ シリーズチャンピオン・日本一決定戦 優勝
FIA F4日本選手権 シリーズ3位
2018年 FIA F4日本選手権 シリーズチャンピオン
2019年 FIA F3選手権 シリーズ9位(Jenzer Motorsport) 1勝 表彰台計3回
ユーロフォーミュラ・オープン・チャンピオンシップ シリーズ4位(Motopark)
2020年 FIA F2選手権 シリーズ3位(Carlin) 3勝 表彰台計7回 ポールポジション4回