Drive Down

進化のために戦い続ける

挑戦は続く

モータースポーツ活動は、自動車技術の進化を極限まで広げてくれる。ムダを省き、究極のパフォーマンスこそが成功につながる。レースを通じて我々は数々のイノベーションを生み出してきたが、このフィロソフィーは F1 だけにとどまらない。NSX のスポーツ性能やハイブリッド技術のように、Hondaスピリットは市販車にも適用され、一般道でもドライバーが高度な技術を楽しめるように作られている。

クラリティ フューエル セルは、水素を利用し二酸化炭素排出ゼロを実現

インサイトは米国で市販車化された初めてのハイブリッドカー。

ASIMO は、世界で最も進化したヒューマノイドロボット。

McLaren-Honda:伝説のパートナーシップ

ワールドチャンピオン 8 回、グランプリ 44 勝、ポールポジション 53 回、ファステストラップ 30 回。これがMcLaren-Hondaの成果。モータースポーツの歴史で最も輝かしい実績を残してきたパートナーシップの一つ。

 

そして、約 23 年後の 2015 年、私たちは再びタッグを組み、F1 シーズンを迎える。McLaren-Hondaの新たな挑戦。ドライバーはフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン。その背後には 1.6 リッターターボとERSのパワーユニット。McLaren-Hondaの新たな時代が幕を開ける。

レースへの取り組み

HondaはF1の歴史に深く浸透しており、過去にはこのスポーツの最も重要な瞬間を彩ってきた。伝説的なチャンピオンシップ制覇からF1最高と言われるマシンの誕生まで、私たちは常にその現場に居合わせた。

Honda F1の歴史
マクラーレンとは

1963 年に設立されたマクラーレンは、イギリスの自動車メーカーであり、F1 の歴史で最も古く、最も大きな成功を収めてきたチームの一つ。Hondaにとって理想的なパートナー。